ケーズファクトリーのティンバーフレーム工法による住宅施工や別荘建築のレポートなど
by Kitch

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ファン
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ
リンク集
最新のコメント
ライフログ
検索
ブログジャンル
画像一覧



[PR]
by ksfactorytimber | 2018-11-25 14:23 | 現在進行中の新築現場情報2 | Trackback | Comments(0)

CozyUpHome在来バージョン5

現場はこの1か月で外壁間柱建て・構造用合板張り・室内間仕切り壁造作に続き、透湿防水紙貼付、窓サッシの取り付け、断熱材充填、室内可変透湿気密シート貼付と進行しました。関連工事のシロアリ対策・設備先行配管・電気配線も同時進行させ、現在は室内枠取付等の内部造作工事と外壁仕上げ工事に進んでいます。
工程順に
d0059949_12540986.jpg

外壁は3x9板






d0059949_12541764.jpg
d0059949_12542668.jpg








d0059949_12543749.jpg

外壁透湿防水紙は十分な重なり幅(150㎜以上)を設け、下から上へ貼り上げていきます。




d0059949_12550309.jpg

←開口部廻りの特に窓台や隅部や
↓手すり壁の天端・壁との取り合い部は原則タッカー止め禁止。タイプの違う透湿防水紙をブチルテープを併用しながら二重に貼付して漏水対策を施しておきます。

d0059949_12552574.jpg
d0059949_12553776.jpg







d0059949_12561045.jpg

内壁側は可変透湿気密シートを貼付します。地域の気候特性や立地条件を十二分に考慮して設計することが必要ですが、特に断熱地域区分で4から5以上の地域の場合は壁内結露の防止にこの可変気密シートは有効と弊社は考えています。この現場は都内6地域区分、周辺環境からも必要装備として採用して頂きました。
d0059949_12562713.jpg
*可変透湿気密シート
気密(空気を通さない)を確保しながら、冬は通常の防湿気密シートのように湿気を通さず、夏は壁体内が高温多湿になりカビや結露が発生しそうになると湿気を通し、通年を通して壁体内を良好に保つよう機能するスマートベーパーバリアです。
(旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社サイトより引用)


d0059949_12564762.jpg
d0059949_12570098.jpg








d0059949_12571024.jpg
お施主様、この1か月はほぼ工程通りに進行致しました。ココからはいよいよ細部の造作作業に入っていきます。図面では分かりにくかったところ、美しさと使い勝手を両立させるべくどんどん現場で打ち合わせして微調整していきましょう。




[PR]
by ksfactorytimber | 2018-11-25 13:28 | 現在進行中の新築現場情報1 | Trackback | Comments(0)

那須平和郷でのティンバーフレームプロジェクト12

9月末来襲の台風をやり過ごし、敷き込んでいた土台材ウェスタンレッドシダー200角の乾燥養生を経て10/7(大安日)よりティンバーフレーム躯体の建て方を開始しました。
d0059949_11163688.jpg
記念すべき柱建て1本目
弊社が提案するティンバーフレームは、プランにも因りますが柱はその殆どを通し柱として設計いたします。
画像部分は桁までの通し柱
(2F階高は桁部分で1.5m。そこから5/10の勾配天井となります)

d0059949_11165171.jpg
建て方は先ず全ての通し柱を建ててから矩に胴差を組み入れていきます。






d0059949_11170800.jpg
プラン中心部には丸太の大黒柱を設置。
名の通り棟までの通しとなります。






d0059949_11174510.jpg
胴差や梁は全て大入れ雇い鈉差し込栓止め(2箇所)としています。
この雇い鈉と込栓は広葉樹材(*ヒッコリー)を採用。接合部捻じれに粘性や靭性・強度のある樹種を選択しているのも弊社仕様です。
*ヒッコリー 楽器のドラムを叩くスティックや昔はスキー板にも使用されていた材。d0059949_11180845.jpg
その用途からもどれだけ粘り強いかがお分かりいただけると思います





d0059949_11182208.jpg
ティンバーフレームの象徴ともいえる方杖をセットして大黒柱のある通りの建て方が完了。





d0059949_11183903.jpg
1F廻りの胴差・梁組完了







d0059949_11185832.jpg
2F部と小屋部の胴差・梁組から母屋~棟木掛けと上棟に向けて組み上げていきます。




↓上棟
d0059949_11191533.jpg
d0059949_11193222.jpg







d0059949_11194978.jpg

ココまで2日の工程 
この後↓歪みの確認修正をして垂木掛けの準備を整えます。





d0059949_11201034.jpg
d0059949_11202530.jpg






d0059949_11203801.jpg
d0059949_11205873.jpg








d0059949_11213306.jpg


垂木はこのまま室内表しになります。
屋根の構造は、
この上に38mm化粧野地(弊社呼び名)+0.2㎜気密シート+断熱充填通気層用垂木+野地板合板+防水シート+仕上げとなります。


d0059949_11314377.jpg
その38mm化粧野地板 SPF2x6T&G材を採用しています。
この厚みがあると付加断熱材としても熱の吸収が多い屋根面には有効です。また、室内から見て明るい木肌と穏やかな木目の流れも好評を得ています。


d0059949_11312573.jpg
室内側 
明るい木肌と穏やかな木目
全体像
d0059949_11315559.jpg








d0059949_11321306.jpg
ティンバーフレーム(私、脱いだらスゴイんです)躯体仕様
土台:ウェスタンレッドシダー(心材)200角 203年生材
柱:ダグラスファー(心材)200角 262年生材
梁・胴差・母屋・棟木:ダグラスファー(心持ち材)200x300角 262年生材
火打・方杖材・化粧垂木:ダグラスファー100x200角 262年生
ウェスタンレッドシダーはカナダB,C州コーストマウンテン産出材
ダグラスファーは何れもカナダB,C州クートニー地方産出材

お施主様 建て方作業後は各工程順調に進行しています。
週明けにはロシア製窓サッシの搬入と取付を行う予定です。





[PR]
by ksfactorytimber | 2018-10-25 13:54 | 現在進行中の新築現場情報2 | Trackback | Comments(0)

CozyUpHome在来バージョン4

9/27の基礎立ち上がりコンクート打設後、約2週間の養生期間を設けて10/11より建て方作業に入りました。
まずは土台の敷き込みと外回りの埋込配管を同時進行。土台の敷き込みが済めば建て方とその後の外部作業用に足場を架設するので、その前に配管作業を終了しておかないと足場解体まで配管埋込が出来なくなる為です。更に建物の壁が出来上がってからだと周囲を掘削する作業もやり難いですからね。「やり難い作業は行わなず、後回しにもしない!」これが現場品質確保の基本中の基本の更に基本であります。
建て方作業は10/11.12の土台敷き込み・1F床下地造作を経て10/15-17で屋根下地防水シート貼りまで進行。その後構造計算書に基づく各所金物を取付し、10/22に行われた基準法の中間検査・瑕疵担保の躯体、防水検査何れも全く当然ですが指摘箇所無しで適合判定となっています。
工程順に
d0059949_10321666.jpg
d0059949_10323897.jpg








d0059949_10325767.jpg
d0059949_10331341.jpg








d0059949_10332986.jpg
d0059949_10334644.jpg








d0059949_10335841.jpg
d0059949_10341342.jpg







d0059949_10342906.jpg
d0059949_10344213.jpg









d0059949_10345959.jpg

建て方初日で3F床まで完了
↓建ち方歪みを確認修正して
明日からの小屋組み、垂木掛け作業に備えます。



d0059949_10351727.jpg
d0059949_10353683.jpg








d0059949_10360142.jpg
d0059949_10361944.jpg








d0059949_10364435.jpg








d0059949_10365933.jpg
d0059949_10371814.jpg

d0059949_10373917.jpg







d0059949_10375910.jpg








d0059949_10392004.jpg
d0059949_10393522.jpg








お施主様ココまで順調に進行しています。
これまで図面(2D)での確認しかできなかった所が3Dになってきたところでお部屋のイメージもし易くなると思います。そろそろ内装仕上げ細部の所もお打ち合わせしていきましょう。

[PR]
by ksfactorytimber | 2018-10-25 11:04 | 現在進行中の新築現場情報1 | Trackback | Comments(0)

那須平和郷でのティンバーフレームプロジェクト11

カナダからティンバーフレーム資材を積み込んだコンテナが到着しました!カナダ国内で今夏大規模広範囲に発生していた山火事の影響で出荷が約4週間遅れましたが、弊社取引先の皆の無事と併せ資材も無事に東京港へ入港。台風21号の影響もあって大混雑の港湾内と通関を経てようやく一時保管場所に到着。この一時保管場所は弊社創業以来のお付き合いで今回の現場の施工もお願いする人見工務店さんの作業場。人見工務店さんは弊社の協力会社グループ「K's CLUB Pro」でも最古参の会社です。
d0059949_14524320.jpg
到着した40’オープントップコンテナのシートをめくると
素晴らしい木の香りに周囲が包まれ極上の空間へ…。
いつものことながら荷下ろし作業で一番至福なひと時です。


d0059949_14553469.jpg
無駄なスペース無く、荷崩れもしない様にしっかりと積み込んでくれています。カナダでコンテナ積込作業を任せている所も創業以来の付き合い。皆、いつでも当たり前のことを当たり前にこなしてくれる頼もしい奴らです。


d0059949_14584981.jpg
荷下ろし一発目は丸太の大黒柱。
棟木までの柱ですので約8mあり
ます。(重さ約200kg)





d0059949_15020467.jpg
こちらは今回土台に使用するウェスタンレッドシダー200角材
目詰まり・通直性とも間違いのない材を用意できました。




d0059949_15432627.jpg
d0059949_15395887.jpg








ティンバーフレーム躯体に使う資材は全部で15パッケージに納まっています。
d0059949_15393669.jpg

その他にウェスタンレッドシダー材や上右画像奥に写るSPFT&G材等を納入。
ウェスタンレッドシダー材はグレード別に通気胴縁用と内部枠・階段造作材に。
SPF1x6・2x6T&G材は壁材や化粧野地材に使用します。

お施主様、お待たせしてしまいましたが昨日の土台敷に続き、台風をやり過ごしましたら建て方作業に進行していきます。
お楽しみにしていてください。

[PR]
by ksfactorytimber | 2018-09-29 15:51 | 現在進行中の新築現場情報2 | Trackback | Comments(0)

CozyUpHome在来バージョン3

現場は地盤の柱状改良工事から約2週間の養生期間と台風襲来回避期間を設け、9/12より基礎工事各工程に取り掛かりました。
遣り方~根伐り~砕石敷転圧~捨コン打ち~ベタ基礎底盤型枠組~配筋~配筋検査~底盤コンクリート打ち~立ち上がり型枠組~立ち上がりコンクリート打ちと、今年の天候不順の中にあっても2回のコンクリート打ち日は共に晴天に恵まれ順調に工程が進行しました。
工程順に
d0059949_14293798.jpg
d0059949_14300001.jpg








d0059949_14303306.jpg
d0059949_14312243.jpg







d0059949_14314425.jpg
d0059949_14374146.jpg









d0059949_14323286.jpg
d0059949_14330696.jpg








d0059949_14332460.jpg
d0059949_14333804.jpg








現場は三たびの台風回避期間とコンクリート養生期間を設け、10/11より躯体建て方作業に入る工程です。


[PR]
by ksfactorytimber | 2018-09-29 14:43 | 現在進行中の新築現場情報1 | Trackback | Comments(0)

CozyUpHome在来バージョン2

4月末に実施した地盤調査の結果の受けて、お施主様とのプラン打ち合わせやそれに基づく地盤・基礎・建物の構造設計を進め、本年12月末の完成を目指すプロジェクトが本格的にスタートしました。
最初の工程は地盤改良工事となります。
柱状改良工作重機の搬入・都内住宅地内ですから慎重に慎重を重ねて…。
d0059949_11562751.jpg
d0059949_11571971.jpg








d0059949_11580326.jpg
d0059949_11591837.jpg








d0059949_12000754.jpg
d0059949_12034304.jpg








設計深度・規定貫入量を確認し、22か所の改良が完了しました。
敷地内・周辺道路を清掃し近隣の皆様への工事完了ご挨拶を済ませます。お施主様、天気にも恵まれ予定通りに工事は進行しました。養生期間を設けますので現場作業は少しお休みとなりますが、現場の状況確認は定期的に行います。近隣の皆様もこれからどうぞよろしくお願いします。


[PR]
by ksfactorytimber | 2018-08-18 12:09 | 現在進行中の新築現場情報1 | Trackback | Comments(0)

第19回 マニュアルが全て!?

d0059949_14254755.jpg
d0059949_14252432.jpg
さて、
これらの画像を見て何をお考えになるだろうか。
説明するまでもなく、軒樋から立派に成長した草木だが、
この建物は高原山間部の別荘地内に存在しているんだ。


因みにこの建物は、
日本の誰もが知っている、超一流と云われるハウスメーカー様に因って建築されて2年が経過した所だ。




さて、ここで冒頭の質問に戻る。
この状態、誰が見ても良い状態ではないのはお分かりいただけると思うが、果たしてこれは何故こんなことになったのだろうか。
お施主様が小まめに軒樋を掃除しないから?
鳥が種を運んでくるから仕方ない?

現場人から言わせればどちらもNonだ。そして全く以てしてお施主様にも鳥にも責任はない!と断言できる。
これは、このような立地に於ける建物配置、屋根向きが不適である事が根底にあり、それに輪を掛けて標準仕様だか何だか知れない雨樋をそのまま周囲の環境も考えずに設置したことに尽きる。普通は設計段階でもわかるはずだが、現場施工中だって周囲の建物の様子を見れば理解できるはずだ。雨樋設置が例えお施主様の要望であったとしても、容易にこうなることが想定出来れば断固として不設置を進言し、雨だれやハネ対策の方への進言をすべきである。標準仕様というマニュアルには立地条件の考慮というものは無いのだろうか?さらにそれらマニュアルを覆す現場管理への責任感と経験値というものは無いのだろうか。
様々な言い分もあるかと思うが、現場人的には0ゼロからお施主様と創り上げる住まいの建築現場に、マニュアルに書いてある事しか対応できない輩は即刻退場を申し渡す所だ。これが日本を代表するハウスメーカー様の現場と思うと悲しくなる。


[PR]
by ksfactorytimber | 2018-05-29 15:33 | 現場人金子の一言 | Trackback | Comments(0)

CozyUpHome在来バージョン1

都内にて進行中のCozyUpHome在来バージョン現場は、お施主様取得の土地が正式に引き渡しとなったのを受けて、工程の第一歩となる地盤調査を行いました。
d0059949_08245257.jpg
d0059949_08243825.jpg









強固な基礎仕様に加え、地盤の状態を確認して最適な措置を施すのは至極当然の事。採取データを正確に分析し、的確な対応措置を選択する事は過剰な改良工事を防ぐことにも繋がります。


[PR]
by ksfactorytimber | 2018-04-25 08:31 | 現在進行中の新築現場情報1 | Trackback | Comments(0)

ADR調停人として

2017年9月1日から、
法務大臣認証裁判外紛争解決機関
一般社団法人:日本不動産仲裁機構ADRセンターの「調停人」として登録が有効となり、NPO日本ホームインスペクターズ協会公認ホームインスペクターとしての専門知識、経験を以て、主に建築の施工に関する問題解決に携わる事が出来る様になりました。
問題は発生しない事が一番ですし、そうならないように相互努力する事が大事ですが、万が一お困りのことが発生した場合は、微力ながら全力でお手伝いをいたす所存でございます。
d0059949_8134423.jpg










*ADR (Alternative Dispute Resolution)とは、「裁判外紛争解決制度」と訳されますが、裁判手続きによらずに紛争を解決する手法をいいます。
通常、「裁判」は、ある当事者間の紛争について裁判所が最終的な判断を示すことによって、その争点に最終的な解決を与えます。
これに対して「ADR」は当事者間の自由な意思と努力に基づいて紛争の解決を目指すものです。


[PR]
by ksfactorytimber | 2018-01-28 15:16 | 報告 | Trackback | Comments(0)