ケーズファクトリーのティンバーフレーム工法による住宅施工や別荘建築のレポートなど
by Kitch

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ファン
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タグ
リンク集
最新のコメント
ライフログ
検索
ブログジャンル
画像一覧



[PR]
by ksfactorytimber | 2018-11-25 14:23 | 現在進行中の新築現場情報2 | Trackback | Comments(0)

CozyUpHome在来バージョン5

現場はこの1か月で外壁間柱建て・構造用合板張り・室内間仕切り壁造作に続き、透湿防水紙貼付、窓サッシの取り付け、断熱材充填、室内可変透湿気密シート貼付と進行しました。関連工事のシロアリ対策・設備先行配管・電気配線も同時進行させ、現在は室内枠取付等の内部造作工事と外壁仕上げ工事に進んでいます。
工程順に
d0059949_12540986.jpg

外壁は3x9板






d0059949_12541764.jpg
d0059949_12542668.jpg








d0059949_12543749.jpg

外壁透湿防水紙は十分な重なり幅(150㎜以上)を設け、下から上へ貼り上げていきます。




d0059949_12550309.jpg

←開口部廻りの特に窓台や隅部や
↓手すり壁の天端・壁との取り合い部は原則タッカー止め禁止。タイプの違う透湿防水紙をブチルテープを併用しながら二重に貼付して漏水対策を施しておきます。

d0059949_12552574.jpg
d0059949_12553776.jpg







d0059949_12561045.jpg

内壁側は可変透湿気密シートを貼付します。地域の気候特性や立地条件を十二分に考慮して設計することが必要ですが、特に断熱地域区分で4から5以上の地域の場合は壁内結露の防止にこの可変気密シートは有効と弊社は考えています。この現場は都内6地域区分、周辺環境からも必要装備として採用して頂きました。
d0059949_12562713.jpg
*可変透湿気密シート
気密(空気を通さない)を確保しながら、冬は通常の防湿気密シートのように湿気を通さず、夏は壁体内が高温多湿になりカビや結露が発生しそうになると湿気を通し、通年を通して壁体内を良好に保つよう機能するスマートベーパーバリアです。
(旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社サイトより引用)


d0059949_12564762.jpg
d0059949_12570098.jpg








d0059949_12571024.jpg
お施主様、この1か月はほぼ工程通りに進行致しました。ココからはいよいよ細部の造作作業に入っていきます。図面では分かりにくかったところ、美しさと使い勝手を両立させるべくどんどん現場で打ち合わせして微調整していきましょう。




[PR]
by ksfactorytimber | 2018-11-25 13:28 | 現在進行中の新築現場情報1 | Trackback | Comments(0)